結局、東プレのリアルフォースがキーボード最強

スポンサーリンク
Python


東プレリアルフォースはタイピング頻度が多い方におすすめ

高級キーボードの代表格である東プレのリアルフォースを購入し、実際に使用しました。

高級キーボードとして有名なキーボードはLogicoolのG913 TKLやHHKBがあります。

リアルフォースのライバルとしてはHHKBがあると思います。

Logicool MX anywhere3 は生産性を向上させる
(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts;(...
データ解析に必要なPCモニター
PCモニターを購入しました。PCモニターの購入は迷いますよね。わたしもそうでした。寝る前にスマホでAmazonをみると、なかなか眠れません。職場で使っているいくつかのモニターのサイズや解像度などを、仕事そっちのけでチェッ...


しかし、HHKBには非常に大きな欠点が1つあります。

それは、小さすぎることです。それが利点と感じる方も多いと思いますが、小さすぎる欠点を解説していきます。

HHKBの欠点(小さすぎる)

複数のキーを同時に押さなければならない

小さすぎるので、テンキーレスやフルサイズよりキーの数が少ないです。ではHHKBにないキーはどうするかというと、Fnやctrlとの複数のキーを同時に押さなければなりません。これはでは早いタイピングの妨げになります。また、慣れが必要で、慣れるまでは不便です。また、慣れてしまっても、仕事場で使っているキーボードは普通のキーボードのはずで、毎回戸惑いがあるかもしれません。これでは、効率が落ち、ストレスを感じてしまいます。

タイピングのホームポジションが窮屈になる

キーボードをタイピングする手の位置であるホームポジションは、自然な姿勢より肘が内側になっています。これが、肩こりのひとつの要因になっています。HHKBは30㎝でテンキーレスでも36㎝です。HHKBはキーボードの中で最も肘を内側へ狭めないとタイピングできません。実際に肘を内側へ狭める距離はごくわずかかもしれません。しかし、そのわずかの違いが、長時間のタイピングによる肩への負担が大きくなります。そして、肩こり、疲労感、ストレスにつながります。

小さすぎるキーボードは見た目がシンプルでスタイリッシュですが、実際の仕事で使いたいとは思いません。もしHHKBの購入を検討されているなら、もう少し考えたほうがいいかもしれません。キーボードの使用頻度がすくなく、オブジェとしてならいいかもしれませんね。

また、キーボード自体は東プレのリアルフォースと同じですからね。

それなら、テンキーレスのリアルフォースでいいんじゃないですか?

リアルフォースを選んだ理由

テンキーレス

今はテンキーレスが流行っていますが、わたし自身も数字入力は多くないので、テンキーレスにしました。マウスが使いやすく、コンパクトなのがいいですね。数字入力は多くないかたにとっては、タイピングのホームポジションは、フルサイズと同じなので、窮屈さは感じません。

打鍵感

これは、気持ちいいですね。使いたくなる打ち心地です。わたしの6歳の娘も、打ち心地が気に入ったのか、リアルフォースでキーを押して遊んでいます。いまは、キーボードの入力の仕方(ローマ字入力など)を娘に教えています。

キーはすべすべしていて気持ちいいです。滑る感じや吸い付く感じはなく、わたしにはちょうどいいです。

タイプ音は思ったよりあり、静かではないですね。でも、タイプの音質がいいのか、うるさいとは感じません。よくいう、「スコスコ」といった感じですね。

リアルフォースには、静音性能がいい上位機種があります。しかし、静音性能が良すぎて打鍵感が損なわれているため、あまりお勧めできません。ちなみち、静音性能がいい上位機種はレヴュー商品より7,000円程度高いです。打鍵感より静音にこだわりたいなら、安いパンタグラフ式のキーボードのほうがいいのではないでしょうか。価格は1,000円前後で買えます。

日本語配列

日本語配列を選んだ理由は慣れているからです。配列はどちらでもよかったと感じています。キーボードには日本語配列と英語配列がありますが、ほとんどが日本語配列です。しかし、プログラマーやこだわりが強い方は英語配列にしています。英語配列にする理由は、1.キートップに日本語がなくすっきりした見た目、2.なんかカッコいい、3.英語配列のほうがプログラムに使うキーが打ちやすい、などがあります。は日本語配列でもキートップに日本語がないため問題なし。2.はどうでもいい。3.は分からないでもないけど、今までの慣れた日本語配列のほうでいいかな、といった理由で日本語配列にしました。ここは、どちらでもよかったですかね。

ここまでは、時間効率とストレス軽減についての説明でした。あとは見た目なので好みの問題です。

白色

 

わたしは白が好きです。リアルフォースのmac用キーボードの白はきれいでカッコいいです。しかし、Windowsの白はよくありません。

黒色もカッコいいですが、キートップの文字が見にくいです。キートップの文字なんかみなくてもいいかたにとっては、黒の方がスタイリッシュかもしれません。また、黒の方が汚れや黄ばみが目立たないみたいです。やはり好みの問題ですね。

まとめ

結局、東プレのリアルフォースが最強です。

ゲーミングキーボードとしては、どうか分かりませんが、単純にタイピングとキーボードの打鍵感を追求するならリアルフォースのテンキーレス一択です。あとは、日本語配列か英語配列の選択、色の選択だけですね。

HHKBなどの見た目に惑わされず、シンプルに生産性とストレス軽減を考慮すると、リアルフォース一択ですね。

Logicool MX anywhere3 は生産性を向上させる
(function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b=b||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts;(...





コメント

タイトルとURLをコピーしました