2021-04

Python

【Python初心者】matplotlibとseabornで箱ひげ図を描いてみる(データの可視化)

データサイエンティストにとって、データの可視化は楽しみのひとつです。地味で時間がかかる前処理が終わり、いよいよデータ分析の始まりである、データの可視化はわくわくします。 今回は、箱ひげ図を描いていきましょう。 箱...
Python

【Python初心者】matplotlibで棒グラフと円グラフを描いてみよう(データの可視化)

データサイエンティストにとって、データの可視化は楽しみのひとつです。地味で、仕事時間の大半を使うデータの前処理が終わり、いよいよデータ分析の始まりである、データの可視化はわくわくします。 今回は、棒グラフと円グラフを描...
Python

【Python初心者】matplotlibとseabornで折れ線グラフを描いてみよう(データの可視化)

折れ線グラフは主に時系列データを可視化する場合に用います。 今回はseabornにあるデータセットのflightsを使って、折れ線グラフを描いてみましょう。 Pythonの環境構築は下の過去記事を参照して下さい。 ...
Python

seaborn.styleを確認してみる|好みのグラフを探す

データの可視化で必要なライブラリである、matplotlibやseabornがあります。 細かなカスタマイズはできますが、コードの量が多くなってしまいます。そこで、styleを指定すれば、ある程度決まった形のグラフが出...
Python

【Python初心者が知らない】ドットプロットでデータを可視化する簡単な方法

データの可視化 データサイエンスにとって、収集したデータがモデルの前提条件に合致しているか。または、探索的にデータを関係性を確認する作業が必要です。 その作業をデータの可視化と呼びます。データの可視化は情報量が少ないと、...
Python

【Python初心者】matplotlibとseabornで散布図を描いてみよう(データの可視化)

散布図とは、2つの変数の関係を表すために用いされる、データの可視化のひとつです。 X軸の変数、Y軸の変数に対応したデータがひとつの点で表されます。 X軸の変数とY軸の変数が関係ないのか(点がバラバラ) 関係しているのか(右上が...
Other

文系社会人に必要なデータを使った科学的思考が身に付く書籍9選

分からないことがあればネット検索すれば、すぐに答えが返ってきます。 しかし、 - その答えは正しい答えでしょうか? - 自分の問題を解決してくれる答えでしょうか? ビジネスの現場での意思決定は、データを使って数値化させた根拠が必...
Python

【Python初心者】直感的に分かる外れ値の取り扱い

実際のデータで分析する時には、データが不完全な場合が多々あります。不完全なデータとは、欠損値や外れ値があるということです。 不完全なデータのまま分析してしまうと、正しい結果が得られません。不完全データの取り扱いについての理...
Python

【Python初心者】直感的に分かる欠損値の取り扱い(削除・補完)

実際にデータを収集して、データ分析する際によくある問題として、欠損値の取り扱いがあります。 欠損値(欠測値と同じ)があると、データ分析の手法によっては、実行困難なことがあります。 また、欠損値ができこと自体がデータ収集方...
Python

【Python初心者】データの読み込み、書き出し

自分のデータを使って、データ分析するときはデータをPythonに読み込む必要があります。 データは、エクセルやcsvファイルで保存していることが多いと思います。データの形はこちらを参照して下さい。 Pythonの...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました