データ解析に必要なPCモニター

スポンサーリンク
Other




PCモニターを購入しました。PCモニターの購入は迷いますよね。わたしもそうでした。寝る前にスマホでAmazonをみると、なかなか眠れません。職場で使っているいくつかのモニターのサイズや解像度などを、仕事そっちのけでチェックしまくりました。

PCモニターは作業効率や満足度を上げるための重要なツールです。

そこで、わたしが選んだPCモニターについてのレヴューと、その他の候補を紹介します。あなたのPCモニター購入の参考になればと思います。

主なPCの用途

  • Python(プログラミング、機械学習用)
  • RStudio(統計解析ソフト)
  • ブラウジング(調べもの)

ゲームはしないので、リフレッシュレートや応答速度は考慮していません

購入商品

Dell ワイドフレームレスモニター 27インチ S2721DS

  • 画面調整が可能(回転・左右・傾き・高さ)
  • フリッカーフリーに対応(よく分かりません)
  • ノングレア(映り込みが少なくて良いかな)
  • IPSパネル(重要視していないが、今はIPSパネルがほとんどだと思います)
  • ブルーライト軽減機能(よく分かりません)
  • VESA規格(モニターアーム使用する場合は必要になる)
  • スピーカー内蔵(わたしはイヤホンを使うので、どうでもいいが)
  • 解像度がQHD(WQHDと同じらしい)、2560×1440ピクセル
  • モニターサイズ:高さ 400.1mm ~ 510.1mm、幅 611.6mm、奥行 174.7mm
  • 画面表示サイズ:高さ337mm、横幅597㎜
  • ベゼルが薄い(1.5㎜程度だが、画面表示サイズを考慮すると実質 8.0㎜程度)
  • 端子類:HDMI×2、ディスプレイポート、サウンド
  • USB-C非対応

27インチのQHDのレヴューは意外と少ないですね、34インチウルトラワイドや27インチ4Kモニターは多いですけどね。

配線が汚くてすいません。わたし、がさつなんです。

実際の使用感覚

Python

2面表示はちょうどいいかと感じました。Jupyter Labと、KaggleやGitHubなどの調べもの。Pythonは縦スクロールが多いので、23インチや29インチのウルトラワイドでは狭い(29インチは、ほぼ23インチの縦と同じ)

1画面だと少し余る

2画面だとちょうどいい

R(RStudio)

4画面表示なので、27インチで見やすいが、32インチでもよいかも。

KaggleやGitHubなどとの2画面表示は狭く、無理がありました。

総合評価

PythonやRなどは文字を打つため、ドットを感じると見にくさに直結します。ですので、解像度はQHDが最低限かと感じました。FHDのモニターは少し見にくかったです(職場のモニターのFHDで確認済)。できれば4Kが良いかと思います。ただ、4Kの場合はパソコンのスペックによるので、今回は購入しませんでした(あと値段が高いからね)。ハイスペックPCを購入したら、4Kに挑戦したいと思います。

画面サイズも27インチが最低限かと感じました。プログラミングは縦にコードを書いていくので、縦の広いほうが効率的かと思います。

その他のおすすめ商品

34インチウルトラワイドWQHD(21:9)

これが第一候補でした、わたしにとっては少し高かった...

(USB-C対応)

27インチ4K(16:9)


(USB-C対応)

まとめ

なんでもいいからPCモニターが安く欲しいならFHDでもOKですが、ある程度の作業効率や満足度が欲しいなら、今回紹介したS2721DSのスペックが最低ラインだと思います。

  • 解像度は最低QHD(2560×1440ピクセル)
  • モニターサイズは27インチ(できれは34インチウルトラワイド、32インチなどだが、、デスク環境による)
  • USB-C対応のほうが良いかも(わたしは重要視していませんが、充電ができ、コードが整理されるので良いかと思います)

Pythonによるデータ解析に必要なパソコン



コメント

タイトルとURLをコピーしました