素人がデータサイエンティストになるための近道|社内データサイエンティスト

スポンサーリンク
データサイエンス
Rを使ってデータサイエンスが学べる書籍
データサイエンスといえはPythonですが、Rでもできます。 Rは統計学に特化したプログラミング言語ですが、さまざまなデータ分析ができます。Rを使って、統計学だけでなく、データサイエンスを学びたい初心者におススメな書籍を紹介します...
ゼロ知識の初心者がデータサイエンスを完全無料で学習する方法5選
データサイエンスの知識や技術、またはPythonについて学びたい。でも「大学に行くほど本気度がない」、「スクールに行くほどお金がない」、なんせ「時間がない」という方も多いはずです。というよりほとんどの方がそうだと思います(当然わたし...

データサイエンティストとは、データを使って問題を解決する人のことです。

データサイエンティストって、なんかかっこいいですよね。パソコンの前で、難しそうなデータを扱って、表とかグラフにまとめて、経営陣にプレゼンする。最近ではAIなんていう技術を使っている。給料がよく(1000万も夢じゃない!)リモートでも可能で、パソコンがあれば完結できる。できることなら、なりたい職種の一つですよね。

でも、文系だし、パソコンもエクセルやワードやパワポぐらいしか使ったことないし、30歳を超えてるし、プログラミングスクール行く時間やお金がない。

こういう方は多いと思います。当然わたしも同じです。

でもこういう方にこそ適した、データサイエンティストへの近道があります。

それは、社内データサイエンティストになることです。現職があることが条件になってしますが、とりあえず就職してから、社内データサイエンティストになればいいだけです。

社内データサイエンティスト

社内データサイエンティストとは、言葉の通り、自社内でデータを使って問題を解決する人です。

データサイエンスの勉強をして、未経験でデータサイエンティストとして就職できる可能性は非常に低いです。大学や大学院までデータサイエンス科や情報科で勉強した新卒なら、データサイエンティストとして就職することは可能です。

しかし、これをご覧になられている方は、そうではない、素人、初心者であるはずです。

なので、まずは社内データサイエンティストになって、社内で結果を出してから、データサイエンティストの経験者という肩書きを持って、改めてデータサイエンティストとして転職することをお勧めします。

データを正しく扱える人は多くない

とはいえ、会社でもデータを使える人はいるでしょう。その人が主にデータを扱っているでしょうが、本当に問題可決まで意味のあるデータ解析ができているでしょうか?

データを分析できることと、問題解決までできることは大きく異なります。ここを超えることができるかどうかでしょう。機械学習や深層学習などの最新のデータ解析を行なっても、問題解決に繋がらないことには、意味がありません。

今あるデータを使ってみよう

大体の会社にはデータがあります。顧客情報や商品の価格、勤務時間、残業時間、離職率、サイトのページヴュー、滞在時間、営業先の訪問回数、キャンペーン、DM回数など、さまざまなデータがあります。おそらく、あなたの会社にもデータはあります。

今あるデータを扱えるようになりましょう。PythonやRなどのプログラミング言語を使えるといいでしょう。とはいえ、まずはエクセルでもいいと思います。

【2021年最新】M1 mac でanacondaをインストールする方法|Python

【2021年最新】WindowsでAnacondaをインストールする方法|Python

M1 macでRとR Studioをインストールする方法|R

社内の問題点を考えてみよう

問題のない会社は存在しません。

当然そうですよね。利益の向上、時間効率化、離職率の低下、残業時間の短縮など問題山積のはずです。

では、その問題を解決するためにはどうすればいいでしょうか?

文系社会人に必要なデータを使った科学的思考が身に付く書籍9選

社会人なら知らないとまずい因果推論(Hillの基準)

データを使って問題点を可視化してみる

そこで、データを使うことを考えてみましょう。まずは、問題の程度を確認します。

利益の向上を例にすると、利益の推移、過去との比較、ライバル社との比較、業界全体との比較などを行い。問題の程度を確認します。

次に、その問題と関連しそうなデータを見てみます。

【Python初心者】matplotlibとseabornで箱ひげ図を描いてみる(データの可視化)

【Python初心者】matplotlibで棒グラフと円グラフを描いてみよう(データの可視化)

【Python初心者】matplotlibとseabornで折れ線グラフを描いてみよう(データの可視化)

【Python初心者が知らない】ドットプロットでデータを可視化する簡単な方法

データ分析をしてみる

問題に関連していそうなデータを分析します。回帰分析が有名です。

【初心者用】Pythonでできる統計手法|重回帰分析

分析結果を見て、問題に関連しそうなものを改善することで、問題が解決することがあります。ここまで出来れば、社内データサイエンティストになったも同然です。データを使って、問題を解決したわけですからね。

ゼロ知識の初心者がデータサイエンスを完全無料で学習する方法5選

データサイエンティストの経験者

社内でデータサイエンスの経験を積めば、経験者として転職できる可能性が広がります。

何度も言いますが、未経験でデータサイエンティストとして転職することは無理ゲーです。

背景として、2021年10月時点でデータサイエンティストの後発者であること。大学でデータサイエンスを勉強している大学生が多く就職しつつあること。データサイエンスの勉強が以前より簡単になっていること。などがあります。

ですが、データを使って、実際の会社の問題を解決した経験があるデータサイエンティストであれが、話は別です。その経験が生きる会社であれば、転職可能です。経験者を必要としている会社は多い存在します。

なので、社内データサイエンティストになりましょう

Kaggle Courses|Pythonを無料で独学できる超簡単な方法
プログラミングで人気がある「Python」 Pythonはデータサイエンスやアプリ作成、ゲーム作成など、さまざまな使い道があるため、使えるようになっておいて損はありません。 でも、オレ文系でプ...
【Python初心者でも分かる】データサイエンティスト協会の100本ノック|ダウンロードから読み込みまで
「データサイエンティスト協会の100本ノック」はビジネス現場で使えるデータ分析の学習に最適です。その「データサイエンティスト協会の100本ノック」のデータとPythonコードがGitHubで公開されています。 今回は、...





コメント

タイトルとURLをコピーしました