seaborn.styleを確認してみる|好みのグラフを探す

スポンサーリンク
Python
【2021年】ゼロから統計学を独学したい人が読むべき書籍10冊
データサイエンスについて興味があり、統計学を学びたいけど、どんな学習方法がいいか分からない 統計学を独学するために必要な書籍が知りたい 統計...
【超初心者】Pythonおすすめ書籍
Pythonはプログラミング言語の中でも、1位2位を争う人気言語です。 その理由は 初心者でも学習しやすい(コードが理解しやすい) 業務の自動化ができる データ分析ができる 機械学習やA...

データの可視化で必要なライブラリである、matplotlibやseabornがあります。

細かなカスタマイズはできますが、コードの量が多くなってしまいます。そこで、styleを指定すれば、ある程度決まった形のグラフが出来上がります。

styleは、matplotlibだけでなく、seabornにもあります。今回は、seabornのstyleを確認して、好みのグラフを探してみましょう。

Pythonの環境構築は以下の記事を参照して下さい。

【2021年最新】M1 mac でanacondaをインストールする方法

【2021年最新】WindowsでAnacondaをインストールする方法

【Python】matplotlib.styleでいろんなグラフを描く(棒グラフ編)

【Python】matplotlib.styleでいろんなグラフを描く(ヒストグラム編)

必要なライブラリをインポートする

import matplotlib.pyplot as plt
import seaborn as sns
%matplotlib inline

タイタニックのデータを読み込む

df = sns.load_dataset('titanic')

styleをリストに入れる

style=["white", "dark", "whitegrid", "darkgrid", "ticks"]

styleごとにグラフを描画する

for i in range(len(style)):
    sns.set(style=style[i])
    sns.scatterplot(data=df, x='fare', y='age', hue='survived')
    plt.show()

出力:

matplotlibに比べてstyleの数は少ないですね。さらに、使えるstyleは”darkgrid”ではないでしょうか。主張しすぎていないグリッド(グラフにある縦横の線)があるだけですが。私がよく使っている、matplotlibのstyleの”ggplot”にも似ていいますね。

【Python初心者が知らない】ドットプロットでデータを可視化する簡単な方法

【Python初心者】matplotlibとseabornで散布図を描いてみよう(データの可視化)

【初心者】matplotlibによる図の作成方法_1

コメント

タイトルとURLをコピーしました