新型コロナワクチン接種は1回で有効は本当?|論文を読んでみた

スポンサーリンク
Other

新型コロナは非常事態宣言下でも収まる兆しが見えません(2021年3月11日現在)。こんな中ワクチン接種が開始され、その効果が期待されています。ワクチンは2回接種(21日間隔)が推奨されています。しかし、ワクチンが不足しており、本当に21日間隔でワクチンを2回接種できるかが問題になっています。「1回の接種では効果が本当にないのか」、「1回だけでも多くの人に接種した方がいいのか」などが疑問になります。そこで、今回は1回だけのワクチン接種の効果を調べた研究を紹介します。

この研究はまだ、論文に記載される前ですが、いろいろな記事で引用されていますので、実際にみてみましょう。

紹介する論文

ファイザーCOVID-19 BNT162b2ワクチンの単回投与後の効果を推定する
イスラエルの「現実の」予防接種結果に関する研究の再分析

Estimating the effectiveness of the Pfizer COVID-19 BNT162b2 vaccine after a single dose. A reanalysis of a study of ‘real-world’ vaccination outcomes from Israel
A distinctive feature of the roll out of vaccination against SARS-CoV-2 virus in the UK was the decision to delay the timing of the second injection till 12 wee...

今回紹介する論文のもとになった論文

Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine | NEJM
Original Article from The New England Journal of Medicine — Safety and Efficacy of the BNT162b2 mRNA Covid-19 Vaccine

はじめに

ワクチンの安全性と有効性の論文(Chodick et al. 2021)では、ファイザー社のワクチン をイスラエルで実施した。その論文で、ファイザー社のワクチンの有効性(プラセボの5%の発症率:95%の有効性)と安全性(副反応)を報告しました。その論文の中で、13日目から24日目までの感染症の発生率を見て、1日目から12日目までの発生率と比較することで、2回目の接種前のファイザーワクチンの効果を推定しました。その結果、1~12日目に比べて13~24日目にファイザー社のワクチンを1回接種した場合の有効性は、わずか51%であると結論づけられました。

この論文のもとになった論文の解説記事はこちら

しかし、この研究では、累積罹患率の増加率が18日目以降になってようやく低下し始めたことも指摘されています。追跡期間中の少なくとも5日間は、単回接種による明らかな効果がなかったことを知っていたにもかかわらず、その後、ワクチンの効果があったと思われる期間(18日目以降)の効果を推定しようとしませんでした。そうすれば、2回目の投与を12週間まで遅らせた場合に、単回投与のワクチンがどの程度有効であるかをよりよく示すことができるでしょう。

BNT162b2 mRNACovid-19ワクチンの安全性と有効性から引用

確かに、(Chodick et al. 2021)では1回の接種では52%の有効性しかないとされていますが、グラフを見ると、1回目の接種から14日目あたりからプラセボと差が出始めているように見えますね。

つまり、1回目の接種のまま、経過を観察するとどうなったかを調べた研究ですね。

方法

この分析に含まれるデータは、原著論文から作成した累積罹患率表から 日罹患率は、前日からの累積罹患率の変化として算出した。と同様に Chodickら(2021)が行っているように、1日目からワクチンの効果は観察できないと仮定した。また、12日目までの期間の平均罹患率をワクチンなしの罹患率とした。13日目から24日目までの各日のワクチン効果を算出した。

1回目の接種から1〜12日を効果なしとした場合、13〜24日のワクチンの効果を計算したということですね。

結果

アウトモデルの全24日間の実際の症例数は3077で、Chodickら(2021)が報告した3098件の症例数とよく似ています。

Paul R Hunter.Estimating the effectiveness of the Pfizer COVID-19 BNT162b2 vaccine after a single dose. A reanalysis of a study of ‘real-world’ vaccination outcomes from Israelから引用

この図は、1回目接種後の日別累積発生率を直線を重ね合わせて示したものです。1日目から12日目までの線形回帰に基づく回帰線を延長することで導出されます。実際のラインは、14日目まで回帰線に従うことがわかりますが、その後は直線を下回ります。

Paul R Hunter.Estimating the effectiveness of the Pfizer COVID-19 BNT162b2 vaccine after a single dose. A reanalysis of a study of ‘real-world’ vaccination outcomes from Israelから引用

この図は、ファイザー社製ワクチンの1回目接種後13日目から24日目までの各日の効果の推定値を示しています。14日目にはワクチンの明らかな効果は見られなかったが、その後21日目までの効果は91%(90%信頼区間:83~98%)に達していることがわかる。その後は効果が平準化し、症例数はかなり少なくなりました。

考察

この分析は、少なくともこのイスラエルのコホートにおけるファイザーワクチンの有効性を示唆している。14日目くらいから日に日に少しずつ増えていき、90%くらいの効果のピークに達するまで 21日目には、2回目の注射の前でも発生していました。よりも強い発生率の増加が見られた。注射後の最初の一週間の発生率の増加は、最初の注射を受けた後、人々が注意を怠った結果です。

ワクチン接種すると、気が緩んでマスクや手洗い、3密を避けるなどの基本予防策をしなくなる可能性があるかもということですね。

実際の単回投与後の効果はさらに大きいかもしれない。この分析は、単回投与で のファイザーワクチンは、約3週間後からのみとはいえ、非常に高い保護を提供することができます。

これに関する経験的なデータを得るには時期尚早であるが、最初の1週間後に発生率が増加したことがわかった。注射は、そのような曝露の増加が起こることを示している可能性があります。いずれにしても、この種のバイアスは、ワクチンの見かけ上の有効性を高めるのではなく、むしろ減らすことになるでしょう。

1回のワクチン接種のみの効果が、21日を超えてどのくらい続くかは分かりませんが、9週間の間に大きな低下が見られることはないでしょう。SARS-CoV-2の自然感染に対する免疫レベルは感染後に低下するが、IgGレベルは6ヶ月間は比較的安定しており、T細胞免疫は3~5ヶ月の半減期で低下する(Dan et al. 2021)。
この「実世界のデータ」の分析は、元の研究の著者が暗示しているように、1回の注射による保護効果に疑問を投げかけるのではなく、実際には、ファイザー社のワクチンの1回の投与で、最初の注射の21日後から強力な保護を提供することができるという強力な証拠を提供しています。このように、このイスラエルの論文からのデータは、すべてのワクチンの2回目の投与を遅らせるという英国の政策を強く支持しています。

なるほど、1回の接種でも効果があるということですね。

確かに、そう結論されていますが、シミュレーションの結果、症例数が少ない、観察期間が短いなど弱点がありそうですね。

このように実際の論文を読んでみると、ニュースだけでみるより情報が正確で詳細になります。文系理系にかかわらず、論文を読んでみるのも面白いかもしれませんね。

新型コロナワクチン(ファイザー)の効果と副反応を論文で確認してみた
新型コロナウイルスに対する有効な手段がないまま1年以上が経過し、健康的・経済的に大きな被害が出ています。 安全で有効なワクチンが期待されるところです。 日本でも2021年2月中旬から新型コロナに対するワクチン接種が開始される予定です。(...
【Python初心者】新型コロナのデータを自分で分析してみる(前処理と可視化)
データ分析やプログラミングの力を手っ取り早く向上させる方法があります。 それは、実際のデータを使って、自分で分析することです。 そのなか大切なことは、 実際のデータも興味のあるデータであること 自分でコードを書くこと...
ウソ情報にだまされない、研究と因果関係から読み解く情報の取捨選択
ビジネス書やビジネスYouTuberなどは、ビジネスに役立つ情報を発信しています。これらは、ビジネスパーソンにとって、自分を成長させるための有用なツールになっている。 たとえば、優秀な社員が行っている行動や考え方、ダメな社員が行ってい...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました