【超初心者】Pythonおすすめ書籍

スポンサーリンク
Python




Pythonはプログラミング言語の中でも、1位2位を争う人気言語です。

その理由は

  • 初心者でも学習しやすい(コードが理解しやすい)
  • 業務の自動化ができる
  • データ分析ができる
  • 機械学習やAIができる

などがあります。

Pythonは独学する場合はもちろん、スクールに行く場合でも、ある程度は自分で学習する必要があります。Pythonの学習方法は、YouTubeやUdemy、Courseraなどの動画がありますが、今回は自分のペースで学びやすい、おすすめの書籍を紹介したいと思います。

以前も【おすすめ】Pythonの独学で必要な書籍で書籍を紹介しましたが、今回は超初心者向けの書籍を紹介します。それでは、やっていきましょう。


これは、その名の通り、Pythonを使って、儲けるためのAI技術を紹介する本です。
初心者がいきなり、数式やプログラミングコードが書いている本をみても、気持ちが萎えてしまいます。わたしがそうでした。ぜんぜんページが進みません。
しかし、この本のように、「PythonでAIが使えるようになったら、自分にどんな得があるのか」について説明してくれています。
せっかくプログラミングのPythonを勉強するなら、しっかりリターンが欲しいですよね。
プログラミングの学習へのモチベーションを上げるためにも、ぜひ読んでほしい一冊です。

 


これもベストセラーですが、Pythonを仕事に役立てる方法が書いています。
上の「Pythonde儲かるAIをつくる」と同様に、Pythonを使えばどんな得があるかを説明してくれています。
なんとなくかもしれませんが、Pythonの活用方法を知れる本です。ビジネス書籍として、気軽に読んでみて下さい。

 


これは、「さあ、そろそろコードを少しずつ理解してみようか」と思ったときに読む本です。
コードの完璧な理解は必要ないとわたしは思っていますが、最低限は理解しておいたほういいです。この本にも書いてあるように、コードが読めたら楽しくなります。楽しくなると、勉強も継続して上達しやすくなります。
はじめてプログラミング言語を見たときは、拒絶反応が出ると思います。わたしがそうでした。でも、この本のように、コードの説明をふりがなのようにしてあるので、理解しやすいです。
超初心者におすすめです。


これは、Pythonに限らずプログラミングを全くやったことがない、まさに一年生が読む本です。表紙の見た目のように、やさしく解説してくれています。
先生に教えてもらう生徒のように、学習が進められます。内容は簡単なので、どんどん進めていけると思います。

 


この本も超初心者におすすめです。
Python言語の特徴や、簡単なコードの理解を深めるのに役立ちます。プログラミング言語はオブジェクトやライブラリ、引数など、コードの説明をするための用語があります。でも、説明するための用語を説明してほしいですよね。それをこの本はしてくれています。
コードの仕組みを理解しやすくしてくれる一冊です。

 


これは、「機械学習のコードを書いてみよう」と思ったときに読んでみるといいと思います。
題名のように、「いちばんやさしい」かどうかは分かりませんが、機械学習の概要が分かりやすく紹介されています。
機械学習を数式なしで、簡単なコードを入力して理解を深めていけます。また、Web上のデータを収集するための方法である、Webスクレイピングや、日本語をデータとして分析する方法、手書き文字を識別する方法が紹介されています。
これらのコードを自分で入力して、うまく出力されたら、楽しいと感じると思います。超初心者でもおすすめです。

まずは、上の中から「最初の一冊目」、「次の二冊目」を読んで、超初心者を脱出しましょう。
超初心者から初心者になったら、コードを書くことやコードをみて理解することが楽しくなってきます。
これからも、一緒に学習していきましょう。

【2021年】ゼロから統計学を独学したい人が読むべき書籍10冊
データサイエンスについて興味があり、統計学を学びたいけど、どんな学習方法がいいか分からない 統計学を独学するために必要な書籍が知りたい 統計...

【重要】データの扱い方(Amazonセールアプリ編)

機械学習の始め方(概要編)

いまさらだけど、データ解析 ってなに?





コメント

タイトルとURLをコピーしました